沿革

大正2年8月鹿児島県霧島市国分に加藤覚次郎商店を創業
昭和23年8月鹿児島市に株式会社土佐屋金物店を設立
昭和25年1月土佐屋金物株式会社に社名変更
昭和31年4月徳山セメントの県下総代理店となる
昭和38年3月鉄鋼運輸株式会社を設立
昭和40年8月土佐屋金物株式会社の直轄事業部として生コンクリート事業部を新設
昭和40年8月生コンクリート国分工場を新設
昭和41年9月生コンクリート栗野工場を新設
昭和42年1月生コンクリート垂水工場を新設
昭和42年10月鹿児島コンクリート工業株式会社を買収し、土佐屋ヒューム管株式会社を設立
昭和42年10月ヒューム管出水工場を新設
昭和43年9月生コンクリート加治木工場を新設
昭和46年4月生コンクリート事業部を分離、土佐屋生コンクリート株式会社を設立
昭和46年4月ヒューム管加治木工場を新設
昭和47年1月生コンクリート鹿児島工場を新設
昭和47年1月熊本ヒューム管株式会社を設立
昭和47年7月ヒューム管鹿央工場を新設
昭和47年12月かごしま空港ホテルオープン
昭和49年3月土佐屋金物株式会社を株式会社土佐屋に社名変更 系列会社土佐屋ヒューム管株式会社、土佐屋生コンクリート株式会社2社を吸収合併し、鋼材販売事業部・ヒューム管事業部・生コンクリート事業部・観光事業部の4事業部に統合
昭和49年8月かごしま空港36カントリークラブオープン
昭和51年4月観光事業部を分離独立、空港スリーシックスゴルフ場株式会社を設立
昭和57年6月土佐屋生コンクリート株式会社を設立
昭和57年11月生コンクリート高山工場を新設
昭和60年4月生コンクリート垂水工場を桜島工場に移設
平成3年8月鹿児島市谷山港に株式会社土佐屋鐵鋼流通センターを開設
平成4年4月鉄鋼運輸株式会社を土佐屋運輸株式会社に経営譲渡
平成6年4月鋼材販売事業部、生コンクリート販売事業部、ヒューム管事業部を建設資材事業部、ヒューム管事業部に統合する等大幅な組織改革を実施
平成7年4月空港スリーシックスゴルフ場株式会社を土佐屋リゾート株式会社に社名変更
平成7年4月空港スリーシックス緑化樹株式会社を土佐屋グリーンシステム株式会社に社名変更
平成7年9月溝辺カントリークラブオープン
平成7年12月熊本ヒューム管株式会社甲佐工場を新設
平成14年1月鹿児島市谷山港に本社を移転
平成16年3月直木生コンクリート工場を経営譲受
平成17年9月福岡営業所を開設
平成18年3月環境事業部を新設(土佐屋リサイクルセンター稼動)
平成21年4月株式会社土佐屋 コンクリート製品事業部 と 熊本ヒューム管株式会社 を統合し土佐屋コンクリート工業株式会社 設立
平成21年7月土佐屋鋼材販売株式会社 設立
平成22年10月かごしま空港36カントリークラブ 宿泊施設
ClubVilla36(クラブヴィラ・スリーシックス)オープン
平成24年1月株式会社土佐屋 インテリア事業部 新設
土佐屋インテリアショールームオープン
平成25年8月株式会社土佐屋創業100年
平成26年10月土佐屋ウェルケア株式会社 設立
平成27年3月鹿児島市宇宿に本社、土佐屋インテリアショールームを移転
土佐屋運輸株式会社本部、土佐屋物流センターを鹿児島市七ツ島に移転
デイサービス、オアシスケア谷山中央を開設
平成27年4月土佐屋鋼材販売株式会社を吸収合併し、鋼材販売事業部へ統合
平成27年11月パティスリーSKYPIA オープン(かごしま空港ホテル内)
平成28年8月熊本営業所 開設
平成29年4月株式会社土佐屋に土佐屋リゾート株式会社を吸収合併し
株式会社土佐屋リゾート事業部を設立
令和元年10月土佐屋運輸 宮崎SS開設
令和2年1月宮崎営業所 開設
令和3年6月就労継続支援B型事業所・たすき 開設